« 【映画】 ボルト | トップページ | 英会話(151回目) »

2009年8月 3日 (月)

【舞台】 来来来来来

本谷有希子さん演出の舞台の来来来来来を観てきました。

これで2回目ですが、彼女が演出する舞台は、エキセントリックで極端な人たちの話ですが、毎回、心を動かされるところがあります。

背景もキャラクタも、こんなのあるの?、と思うほど不思議な世界ですが、その本音が、ある意味みんな素直なんですよね。

そのため理性的には同意できないけれども、感情的には納得できるところもあるといったところです。

ただ自分からは遠い感性というところも惹かれるところもあるかもしれません。

あまりに近い感性だと同属嫌悪で、観ていられないかもしれないです。

そういう意味では、僕は、きっと素直じゃないんでしょうね w

本谷有希子さんの舞台を見に行くことが難しい人は、映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観てみてください。

僕もこの映画で、彼女を知りましたが、結構、衝撃的ですよ。


« 【映画】 ボルト | トップページ | 英会話(151回目) »

アニメ・コミック・ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台】 来来来来来:

« 【映画】 ボルト | トップページ | 英会話(151回目) »

OGAにメール

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク

無料ブログはココログ