« 生キャラメル | トップページ | 英会話(134回目) »

2009年3月10日 (火)

キャメルトライ

普段はゲームを全くやらないのですが、iPod Touchを買ってからミニゲームなど、いままで観なかったYou Toubeなど動画サイトを遊んでいます。

さわっていて楽しくなると、ついスタイルも変わるものですね。

さて、本題です。

なんとiPhone用のキャメルトライが出ましたよ!

ゲーセンで遊んでた記憶や、X68で遊んでいた記憶がよみがえります。

当時は回転コントローラを回していたのですが、iPhone版は本体を回したり、端をタッチするとコントロールします。

体験版もあり、3ステージまで試してみたのですが、これが、なかなか難しいです。

でも数分で楽しめるので手ごろ感があります。

いまの生活では3ステージできれば十分なのですが、応援も兼ねて購入しました。

ちまちま楽しみます!

« 生キャラメル | トップページ | 英会話(134回目) »

アニメ・コミック・ゲーム」カテゴリの記事

コメント

キャメルトライなつかしぃですなー

わたしの知っているのはゲーセン版だったと思います。68ユーザでしたか。私の知っている秋葉のショップで売ってたと思いますが、みかけるとニヤリとしてしまう機種ですな。

わたしはパソコン自体を持っていなかったので人の家でゲームはやってましたねw

おお、ipodはキャメルトライ向けのデバイスですかね(傾きとかも見れるんだっけ?)。やってみたいと思いつつ、実物はやったことないんだよなー。

あさしんさん、お久しぶり。

X68はグラディウスをもっていた友達がきっかけですが、今となっては、この業界に入ったきっかけです。

GCCもX68がきっかけで、これのおかげでC言語の勉強ができたし、コンパイラの最適化に感激して、自分でもコンパイラを作り始めたきっかとなりました。

懐かしい思い出です。

moriさん、こんにちは。

iPhone/iPod Touchがキャメルトライ向けかというと、微妙です。

回転コントロールのほうが燃えるかな~と思います。

でも、微妙な操作感が楽しいです。

ゲームの下手なのもありますが、iPod Touch をクルクルまわして、一回転してしまうこともシバシバw

回転センサーをもつ、iPod Touchならではという楽しみがありますね。

キャメルは確かにグルグル回転させるので狙った感がありますね。当時は回転させるものは画期的でした。

画面を回転させる?(本体か・・・)となると確かに勢いあまって落っことすかもしれないので危険ですなwヘッドホンとかしてやってるとこれまたw

話はちょっとそれますが、ゲーセンでスペースハリアー、ハングオン、アウトラン、アフターバーナーなどSEGAの体感ゲームを思い出します。この頃のゲーム達がもとになっていまのいろんなシリーズが続いてるんでしょね。

あさしんさん、こんばんわ

体感ゲーム懐かしいですね~

アフターバーナーをはじめとしてセガ全盛の時代だったですね。

最近、ゲーセンにいってないからわからないのですが、また良いゲームがでているのですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャメルトライ:

« 生キャラメル | トップページ | 英会話(134回目) »

OGAにメール

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク

無料ブログはココログ