« 居酒屋グイン亭 | トップページ | 電気シェーバーのバッテリー交換 »

2015年7月15日 (水)

【映画】 バケモノの子

バケモノの子を観てきました。

バケモノに育てられた子供の成長物語という楽しみかたもありますが、単に成長するまでの話ではなく、成長後の葛藤と乗り越えかたも含めての回答までも含めた物語としての完結していることが、エンターテイメントとして楽しめます。

途中で終わりにして考えされるというの方法もあるとはおもいますが、小難しい作品になりがちなので、監督なりの答えを提示するというのは、エンターテイメント作品としては必要だと思っています。


加えて、シンプルなアニメなのに渋谷の街のリアルな街に描かれており、主人公達の焦りなどの負の感情なども伝わるなど、独特の世界観を感じさせてくれあます。

細田守監督は、時をかける少女から、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪と観ていますが、今回も想定していなかった終わり方に満足しています。

気が早いですが、次回作も楽しみです。

« 居酒屋グイン亭 | トップページ | 電気シェーバーのバッテリー交換 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01

今日(もう昨日ですね)は、金曜ロードショーで時をかける少女をやってましたね。
私は仕事でしたので見てませんが、娘が見たようです。
先日は、息子が「夏休みの読書感想文用に本を買ってくる」と言うので、図書カードを渡したら、バケモノの子を買ってきました。
先生に、本を読まずに映画を見て書いた、と思われなければよいのですが…。実際は映画を見てなくて、本はもう読み終わってます。
私はまだ読んでないのですが、感想文を書きやすそうな本なのでしょうか?

若かりし頃の私ほどではありませんが、子どもたちもわりに本は好きなほうです。
息子は今、和田竜が好きなのですが、全作品読んでも4?作品。次回作が出るまでしばらくお預けです。

kagamiさん、こんばんわ。
バケモノの子はテーマが良いため、読書感想文はかけると思いますよ。
ただ登場人物の顔や、渋谷の街、クジラといった映像も見応えありますので、映画もオススメですよ。

お子さんが読書好きというのは良いですね。
活字を読むことが訓練ということもありますが、面白い本から趣味をが広がるということが、感性を豊かになります。
書籍費もバカになりませんが、図書館でも新しい本を入荷しているので、ぜひ活用してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6963/60718938

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】 バケモノの子:

« 居酒屋グイン亭 | トップページ | 電気シェーバーのバッテリー交換 »

OGAにメール

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク

無料ブログはココログ