« 譲れないモノ | トップページ | 【本】 博士の愛した数式 »

2005年12月11日 (日)

目標を失うということ

鬱になって辛いことも多いのですが、目標を失っているのも辛いなと感じています。
鬱の治療には、生き物を飼うと良いという話を先輩から聞いて、認識したのは、いまの僕には「~に為に頑張ろう」という気持ちが無いことです。
たしかに流されて生きているし「~の為に頑張ろう」と意識すると、そのことについて少し馬鹿にした醒めた自分がいるということです。

まぁ、簡単に目標設定が出来るようであれば、鬱は治っているでしょうから、目標を立てるということ自体を頑張るのは、結果と方法が逆転しており、鬱の改善にはほど遠い方法です。
なかなか難しいところです。

とりあえず仕事が落ち着いたら、仕事では悩まないよう、自分の時間を多くしていこうと思っています。

焦っても仕方ないので、できることからコツコツとしていきますかね。

« 譲れないモノ | トップページ | 【本】 博士の愛した数式 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6963/85193

この記事へのトラックバック一覧です: 目標を失うということ:

« 譲れないモノ | トップページ | 【本】 博士の愛した数式 »

OGAにメール

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク

無料ブログはココログ